無人ヘリ撮影の特徴

無人・遠隔操作なので人が行くことのできない危険な地域への航行が可能

2-1断崖絶壁、樹海上空、海面スレスレ、火災現場、増水した川等、一般人が近づくことのできないような場所にヘリを飛ばし、空中撮影を行うことができます。

小型軽量なので、大人2人で持ち上げることができ、トラックでの移動が可能

日本全国どこにで出張可能。移動手段はワゴン車のため、コストを抑えた良質な撮影サービスが可能です。

すべての舵をコンピューターで制御

優れた飛行安定性と 操縦性を実現する姿勢制御装置に加え、高度や速度までも検知するGPSを組み入んでいるため微調整を要する速度コントロールやホバリングが可能なため、地上やヘリコプターでは不可能な優れた写真・動画撮影が可能です。